HOME > 失敗しないノウハウ > 太陽光発電が儲からなくなったというのは本当か?

失敗しないノウハウKNOWHOW

太陽光発電が儲からなくなったというのは本当か?

太陽光発電の取付費用がどれくらいの期間で元が取れるかを見てウソを暴く

「太陽光発電で売れる電気の値段も下がってるし、もう儲からないんじゃないの?」
先日もこの質問をお客様にされました。ほとんどのお客様がこの質問をしてきます。太陽光発電で少しでも損したくない。既に太陽光発電を付けてる人よりも損するのは許せない。これはあなたも同じじゃないでしょうか?
ではなぜこんな質問が出てくるのでしょうか?
それはこの質問にもあるように「売れる電気の値段が下がっている」からです。

    儲かるかどうかを知るには何をすればいいか?

    一番売れる電気の値段が高かった時は1kWあたり48円でした。2018年度は26円です。半分近くまで下がっています。
    この数字を見ると「もう儲からないんじゃないの?」と思ってしまいますよね。
    太陽光発電で儲かるかどうかを知るには、どれくらいの期間で太陽光発電システムの取付にかかったお金を、電気を売って元が取れるかで考えます。この元が取れるまでの期間が短いほうが儲かるということになります。

    では本当に太陽光発電が儲からなくなったのかを、売れる電気の値段が高かった2011年度と値段が安くなった2016年度を比べて確かめてみます。2011年度は東日本大震災があった年です。原発が停止されて国も太陽光発電を推進して、誰もが太陽光発電を取付し始めた年です。

    調べてみると驚きの事実が、、、

    例えば、埼玉県熊谷市に京セラの太陽光発電システム5kWを設置したとします。そして、話を分かりやすくするため発電した電気は全て売ったとします。
    電気を売っていくら儲かるかは、「太陽光発電の発電量×売れる電気の値段」で決まります。
    太陽光発電の発電量は、日射量×日数×kW数÷日射強度×(1-ロス率)で出すことができます。熊谷市の場合の年間の発電量は5721kWhになります。この発電量に売れる電気の値段を掛けたものが年間に入ってくる儲けです。
    2011年度は売れる電気の値段が42円なので、
    年間5721kWh×42円=240282円の儲け(2011年度)
    になります。

    では設置するのにかかったお金はいくらになるでしょうか?これは国の機関である「NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)」が発表している太陽光発電システムの価格を見れば分かります。太陽光発電システム1kWあたりを取り付けるのにいくらかかるかが出ています。 1kWあたりの太陽光発電システム価格 2011年度の太陽光発電システムの価格は1kWあたり46.6万円です。5kWを設置したので、46.6万円×5kW=233万円になります。取り付けるのに233万円、年間の儲けが約24万円なので、元を取るまでに
    233万円÷24万円=9.7年(2011年度)
    かかることになります。

    同じように2016年度は売れる電気の値段が31円なので、年間の儲けは
    5721kWh×31円=177351円(2016年度)
    です。
    2016年度の太陽光発電システムの価格は33.6万円なので、33.6万円×5kW=168万円です。なので元を取るまでに
    168万円÷17.7万円=9.5年(2016年度)
    かかることになります。

    あれ?と思いませんでしたか?
    元を取るまでの期間は、2011年度が9.7年、2016年度が9.5年です。
    売れる電気の値段が安くなった2016年度のほうが短い期間で太陽光発電システムの取付にかかったお金を取り戻しています。
    ではなぜ太陽光発電は儲からなくなったと言われているのでしょうか?

    儲かるかどうかは今も昔も変わっていない

    それは、「売れる電気の値段しか見ていない」からです。
    売れる電気の値段だけ見るとどんどん安くなっています。なので儲からなくなっているように見えるんですね。でも最初に太陽光発電システムを取り付けるのにかかるお金も同じようにどんどん安くなっているんです。

    この売れる電気の値段と設置するのにかかる2つのお金を見て考えてみると分かりますが、実は電気が高く売れていた昔と安くなった今を比べても、儲かるかどうかは変わっていないんですね。

    売れる電気の値段しか見ていない。これが「太陽光発電はもう儲からなくなった」と皆が間違ってしまう理由です。
    もし、太陽光発電はもう儲からなくなったという話を聞いたことがあるなら、一度このように計算してみるといいかもしれませんね。

無料見積り・相談フォーム

お問い合わせしたからといって営業マンが強引な営業をするなど、あなたの迷惑になるような営業活動は一切行っておりません。安心してお問い合わせください。
通話料無料のお電話か24時間受付のインターネットから問い合わせください。

0120-914-531

受付時間9:00~18:00 水曜定休

メールでのお問い合わせ・ご相談

任意検討中の商品
必須お名前
必須Eメール
必須TEL
任意郵便番号
※郵便番号を入力すると自動的に住所が表示されます
必須住所
任意屋根の素材
任意お問い合わせ内容

京セラセラミック包丁

シミュレーションした方に京セラセラミック包丁プレゼント

売り込み・リスク無し無料見積依頼

    気に入らなければ
    断ればいいだけです

屋根の形状別工事工程

支持瓦支持瓦の工事工程
長期保証・定期点検

対応エリア

埼玉県
上尾市・入間市・桶川市・加須市・川越市・北本市・行田市・久喜市・熊谷市・鴻巣市・坂戸市・幸手市・狭山市・秩父市・鶴ケ島市・所沢市・蓮田市・羽生市・飯能市・東松山市・日高市・深谷市・本庄市・入間郡・大里郡・北足立郡・北葛飾郡・北埼玉郡・児玉郡・秩父郡・比企郡・南埼玉郡
群馬県
伊勢崎市・太田市・桐生市・高崎市・館林市・前橋市・みどり市・佐波郡